特集!よくわかるクラウドファンディング

Home > クラウドファンディングの情報 > 購入型と寄附型のクラウドファンディングの違い

購入型と寄附型のクラウドファンディングの違い

 クラウドファンディングは、基本的には寄附を受けるサービスになります。
自分のプロジェクトを一般公開して、お金を募るシステムになる訳です。
寄附される訳ですから、お金を返済する義務は発生しません。
ですから銀行ローンではなく、そのクラウドのサービスでお金を調達している方々も多いです。
しかし、実はそれだけではありません。
中には「購入型」のクラウドファンディングもあります。
購入型も、自分のプロジェクトを一般公開する事にはなります。
しかしそのタイプの場合は、お金を出してくれた方々にもメリットがあります。
商品購入や割引という形で、見返りを提供する形になるからです。
見返りが発生するだけに、寄附型よりは資金が集まりやすい傾向があります。
確実に資金を確保したい時は、検討してみる価値があります。

 購入型のクラウドファンディングの流れですが、まずはクラウドのサイトに登録します。
そして自分が手がけたいプロジェクトの内容を、サイトにアップロードする訳です。
そのプロジェクトの内容を読んだ方々は、お金を出してくれるケースもある訳です。
そこまでの流れは、寄附型とほぼ一緒ではあります。
しかしお金が集まった後からの流れは、少々異なります。
目標金額に達した時は、お金を出してくれた方々に対して、何らかのサービスを提供する事になるからです。
例えばシステム開発の為に、お金を募ってみたとします。
そのシステム開発の利用料金は、月額3万円です。
しかしクラウドでお金を出資してくれた方々に限っては、月額料金が2万円になるケースがあります。
出資者としては、1万円割引される形で、システムを利用できるようになる訳です。

 寄附型のクラウドファンディングは、出資をしてくれた方々に割引が発生する訳ではありません。
あくまでも善意の寄附という形になりますから、製品の割引が発生する事もなければ、お金を返済する義務もありません。
ですからお金を出資する方にとっては、メリットはあまり大きくない訳です。
それに対して購入型の場合は、上述のように利用料金が割引される事もあれば、無料購入できるケースもあります。
つまり購入型のクラウドファンディングの方が、出資者にとってのメリットが大きくなる訳です。
ですから購入型の方が、お金も集まりやすい傾向があります。
ですから何か事情があって、どうしてもプロジェクトを実現したい時には、寄附型でなく購入型のクラウドファンディングでお金を募ってみる選択肢もあります。

▲ ページトップへ