特集!よくわかるクラウドファンディング

Home > クラウドファンディングの情報 > クラウドファンディングを利用して資金を集めよう

クラウドファンディングを利用して資金を集めよう

 資金が足りないことでアイディアやスキルなどを持っているという方でも、行動に出れないという場合もあります。
融資を受けることで資金調達をするという方法もありますが、審査もそれなりに厳しくすぐに融資を受けられるとは限りません。
下手をすると審査の段階で落ちてしまうこともあるでしょう。
ビジネスなどにおいて行動力があるということが重要ですが、資金がないことで手間取ってしまうとチャンスを失ってしまうケースもでてきます。
このような点からも、多くの方からの支援やさまざまな方に資金提供を呼び掛けることができるシステムとして、クラウドファンディングという方法があります。
不特定多数から出資してもらうことが可能な点からも、アイディアがいいものであれば必要な資金が比較的早い段階で集まる可能性もでてきます。

 クラウドファンディングでは、寄付型や購入型、投資型などがあります。
それぞれに特徴がありますが、目的に合わせて選んでみるということが大切です。
寄付型などの場合には、主に、支援を目的としています。
発展途上国に対しての支援や被災地などの支援に利用されるため、出資側に対して金銭的なリターンはありません。
購入型の場合には、プロジェクトなどに対して権利や物品を購入することで支援をするという形になります。
プロジェクトでできる商品を支援した側がもらえることにもなり、店舗などが対象の場合には、入店などの権利を受け取るなどさまざまな形で支援側に対してもメリットがあります。
投資型の場合には、出資する側に対して金銭的リターンがあるのが特徴です。
ただし、日本では、認知度が少し低い傾向もあります。

 クラウドファンディングをするためには、どのサイトを利用するかということも大切です。
クラウドファンディングを提供するサイトも複数あるため利用する側が使いやすいサイトを選ぶようにしましょう。
出資を募りたい方は、自分のアイディアがどのようなものか、ある程度説明するための文章などが重要になります。
どんなにいいアイディアであっても、表現が足りない、インパクトが薄いとなるとネット上では注目されにくい点からも、ある程度文章によって注目を浴びるようにストーリー性などをだした文章など心がけてみるというのもいいでしょう。
もう一つの注意点としては、適正な目標金額にするという点です。
プロジェクトの内容に対して金額が見合ってないとなると、支援してもらえない可能性や目標金額に到達しない可能性もでてくるため、金額設定も重要だといえます。

▲ ページトップへ