特集!よくわかるクラウドファンディング

Home > クラウドファンディングの情報 > クラウドファンディングは審査は厳しいのか

クラウドファンディングは審査は厳しいのか

 資金確保は、状況によっては少々難しいケースがあります。
理由は審査です。
お金が必要な時は、銀行に申し込みをしてみる方法もあります。
いわゆるローン申し込みです。
それで銀行でお金を借りて、一旦は資金を確保している法人の方々も珍しくありません。
融資が実行されるのは若干時間がかかりますが、事業資金などは調達できますから、多くの方々はローンの申し込みを行っています。
しかし銀行からお金を借りるなら、審査も受ける事になります。
銀行のローンの審査基準は、比較的厳しいという声も多いです。
銀行としても貸し倒れなどのリスクを避ける為に、慎重に審査を行っている訳です。
状況によっては、審査落ちになってしまうケースがあります。
資金が必要でも、なかなかお金を調達できないケースもあります。

 ところで資金を確保したいなら、クラウドファンディングという選択肢もあります。
そのクラウドのサービスを利用する流れですが、まずは所定のサイトへの登録です。
いくつか情報を入力して、まず登録手続きを済ませます。
手続きが完了した後は、自分が手がけたいプロジェクトの詳細をサイトに登録します。
するとプロジェクトは、多くの方々から見られるようになります。
そのプロジェクトに関心を抱いてくれた方は、入金してくれるケースがあります。
そのクラウドのサービスには資金の達成率があって、一定の水準を超えると、募集締め切りになります。
そして集まったお金を利用して、プロジェクトに使う事になる訳です。
その際、寄附してくれた方々に対してお金を返済する事はありません。
銀行ローンと違って、お金を借りるシステムではないからです。

 ところで上述のクラウドのシステムは、審査の基準はそれほど厳しくありません。
そのクラウドのシステムは、簡単な審査はあります。
ですが審査が行われると言っても、落とされるケースはあまり多くありません。
少なくとも銀行ローンの審査と比べると、遥かに通りやすいです。
銀行としても営業利益の問題がありますから、延滞になってしまうのは大変困るので、厳しく審査を行っている訳です。
審査基準は少々厳しいですから、落とされてしまうケースもよくあります。
しかし上述のクラウドの審査の場合は、銀行ほど厳しくありません。
審査がそれほど厳しくない以上は、かえって銀行よりもお金を確保しやすい一面があります。
ですから審査が心配な時は、銀行からお金を借りるというよりも、クラウドファンディングを検討してみると良いでしょう。

▲ ページトップへ