特集!よくわかるクラウドファンディング

Home > クラウドファンディングの情報 > クラウドファンディングの種類はいろいろある

クラウドファンディングの種類はいろいろある

 組織や個人など何かしら行動を起こしたい、新しいものを作りたいと思ったとしても資金がなければ行動に移せません。
どのようなことをやるにしても少なからずお金が必要になるためです。
このような場合の資金を集める仕組みとしてクラウドファンディングがあります。
クラウドファンディングの特徴としては、不特定多数から資金を集めるという点です。
集める方法などもいくつかあり寄付や資金を集めたい側が用意したものと交換する、融資を受けるなどいろいろな方法があります。
クラウドファンディングを種類で大きく分けてみると4つになります。
購入型や寄付型、融資型や投資型などです。
ですが、一般的に認知度が高い方法としてみると購入型や寄付型の傾向があります。
ただし、市場という点からみると融資型が多くを占めているともいえます。

 購入型の場合には、プロジェクト側に対して出資してもらう支援者がいる状態です。
支援者は出資をすることで、商品やグッズなどを得ることになり、時にはサービスなどを受けることもあります。
購入型の中には2つのパターンがあり目標額が設定されていてそれを到達した場合にプロジェクトが成立するケースと目標額に到達しなかった場合でもプロジェクトが進行するというケースに分かれます。
商品開発などの場合には、前者の方法が主流ですが、すでにプロジェクトは実現できる状況の場合のものなどは、後者の方法をとることもあります。
被災地などの支援などを目的としたプロジェクトなどの場合には、寄付型の方法を用いるケースが主流です。
基本的に支援者が寄付をしたからといってリターンはありません。
ですが、お礼としての手紙や写真などが送られてくるケースもあります。

 融資型の場合には、個人から資金を小口で集めておきそれをまとめて、企業側に融資するタイプのものです。
この場合には、融資という形式のため金銭的なリターンが発生します。
個人では多くの資金を投資できないけど少しの資金でも融資してリターンを得たいという場合には、融資型を利用してみるというのも一つの方法です。
株式型の場合には、未公開株を提供することにより資金を募るという方法です。
投資をする側は出資をする企業の情報を詳細にチェックしたうえで投資をすることになり、未公開株を取得するということになります。
このように、クラウドファンディングといってもいろいろな方法があるため、自身の目的や興味のあるプロジェクトや企業などがある場合には、支援者となる、出資する側に回ってみることや自身でやりたいことがあるならばクラウドファンディングを利用して資金を集めてみましょう。

▲ ページトップへ