特集!よくわかるクラウドファンディング

Home > クラウドファンディングの情報 > あまり手間をかけずに利用できるクラウドファンディング

あまり手間をかけずに利用できるクラウドファンディング

 お金が必要な時は、公的機関などに申請してみる方法があります。
例えば何かの工事を行う時に、公的機関で手続きを進めている方々も珍しくありません。
というのも工事を行うと、費用がかかります。
リフォーム工事などを行えば、まとまった費用がかかる事も多いです。
しかし公的機関で申請手続きを行ってみると、お金の一部が補助されるケースがあります。
いわゆる補助金です。
補助金は、所定の手続きを踏む必要はありますし、申し込みの締め切り日もあります。
しかし所定の条件を満たせば、公的機関からお金を受け取れる訳です。
ですから資金が必要な時などは、公的機関に相談している方々も多いです。
また公的機関に相談すれば、お金を借りる事もできます。
プロジェクトに必要なお金を借りる為に、役所に相談している方々も珍しくありません。

 ところで資金を確保したいなら、クラウドファンディングという手段もあります。
そのサービスは、寄附金に似ています。
まずはクラウドのサイトにアクセスして、プロジェクトの詳細をアップロードする訳です。
すると多くの方々は、プロジェクトの内容を閲覧できる状態になります。
閲覧してくれた方は、寄附金を支払ってくれる訳です。
ただしそのクラウドのサービスには、達成率という数字があります。
例えば資金が100万円必要な時に、クラウドでプロジェクトをアップしてみた結果、90%は集まったとします。
その場合は、達成率は90%になる訳です。
その数字が100%に達した時は、クラウドのサイトにお金を支払う事になります。
しかし達しなかった時は、費用支払いはありません。
あくまでも目標金額が集まった時に限り、費用を支払うシステムになります。

 ところでそのクラウドのサービスは、必要書類に関するメリットがあります。
そのサービスを利用するに際して、何か面倒な書類を提出する必要はありません。
公的機関などに相談する時は、書類は必要です。
例えば補助金の申請を受ける為には、まず公的機関に色々な書類を提出しなければなりません。
複数の書類が必要なケースも多く、やや面倒だと感じられる事もあります。
また公的機関からお金を借りる時にも、必要書類はあります。
ですから役所から資金を調達するのは、やや手間が大きくなってしまう訳です。
それに対してクラウドファンディングというサービスは、そこまで面倒な手続きは必要ありません。
一旦サイトに登録をすれば、比較的簡単にお金を集める事ができます。
あまり手間がかからないのは、クラウドファンディングの大きなメリットの1つです。

▲ ページトップへ